2011年10月22日

第18回なごやか法話寄席を開催

平成23年10月21日(金)午後2時から、横浜にぎわい座芸能ホールにおいて、第18回なごやか法話寄席を開催しました。高野山真言宗神奈川自治布教団では、〜仏の智恵をもっと楽しくもっと身近に〜をテーマに年2回、寄席を会場に法話の会を開いています。

kaijou-s.jpg

落語三席を楽しんだ後、法話は高野山本山布教師・亀山伯仁僧正にお話しいただきました。香川県密蔵寺御住職で金剛流合唱団団長も勤められています。演題は「御大師様と御詠歌」。金剛講神奈川地方本部の協力で『金剛』や『相互供養和讃』など、御詠歌をおりまぜながらのお話。十善戒や亡くなった方の供養の重要性、「私たちをお見守り下さっている」お大師様のご誓願などについてご教示下さいました。

houwa-s.jpg

その後、恒例の『お楽しみ抽選会』では、落語家さんと当団団長の謎かけで景品を紹介しながら賑やかに進行しました。

bokin-s.jpg

会場では、『御宝号念誦基金』の募金箱を設置。ご来場の皆さまから寄せられた心のこもった浄財は、東日本大震災・台風12号災害・タイ洪水の被災地支援にお届けさせていただきます。
posted by 神奈川自治布教団 at 12:48| 日記