2011年11月20日

金沢文庫 特別展「愛染明王」行ってきました

現在、神奈川県立金沢文庫で特別展「愛染明王」 〜愛と怒りのほとけ〜 開催中です。
期間は、平成23年10月15日(土)〜12月4日(日)。
休館日は、毎週月曜日と11月24日(木)。
詳しくは、こちらで必ず確認してください。http://www.planet.pref.kanagawa.jp/city/kanazawa.htm

IMG00070_R.jpg

京浜急行「金沢文庫」駅から徒歩約12分。金沢文庫駅も横浜駅から快速特急で2駅。

IMG00071_R.jpg

金沢文庫までの道のりは、天気がよいと周辺のお寺巡り、歴史散歩の方々がチラホラと歩いています。歩くのが大変な方は京急バス「柴町」行きで「称名寺」下車、徒歩5分。

IMG00072_R.jpg

↑今回の特別展のチラシ。真っ赤なお体に6つの腕。まっすぐに前を睨む視線が象徴的な愛染明王。高野山では、朝夕のお勤めで 大師・明神・不動・愛染 の真言は必ず唱えます。

これとは別に、先日、仏像ガールさんの講演を拝聴したところでした。曰く「仏さまにお会いしたら、20秒間だまって感じましょう!」。今回の拝観は、「何時代の作?」「どこの所蔵」等、読まずに感じながら、合掌しながら、真言を唱えながら、一巡。「左の3つめの腕には、何をお持ちなんだろう?」、「蓮華座の下のアイテムは何?」、「この冠、舞楽面の陵王に似てる!」。

一巡終わって、ちょうど展示解説の時刻になりました。興味深いお話をたくさん聞かせてくださいました。
・愛染明王の仏像は日本にしかないこと・種字の梵字について・持ち物について・称名寺金沢文庫との関わり・叡尊さん(えいそん)鎌倉下向750周年・元寇を破った矢の話・三本足のカラスと日輪、舎利の信仰・愛染明王の曼荼羅・調伏と敬愛 等々
是非、展示解説開催日を確認されてそれにあわせてお出かけください。

鎌倉国宝館 特別展「鎌倉×密教」平成23年10月15日(土曜日)〜11月27日(日曜日)
も興味深いところ。
http://www.city.kamakura.kanagawa.jp/kokuhoukan/
posted by 神奈川自治布教団 at 22:49| 日記